>

ファッションアイテムの買い方

表記されているサイズを読み取る

通販サイトを見て、気になった服があればサイズを確認しましょう。
SサイズやMサイズというような表記がされているところもありますし、具体的にウエストが何センチでヒップが何センチと記載されている通販サイトもあります。
本当に自分が着用できる服か判断する際は、具体的にサイズが書かれているかチェックしてください。

同じSサイズの服でも、製造しているメーカーによって微妙に異なります。
もしかしたら、小さく感じて着用できないかもしれません。
着用できない服を買うのはもったいないので、具体的なサイズを調べてください。
細かくサイズが記載されていれば、着用できるのか見極めやすいです。
正しいファッションアイテムを選択できるでしょう。

自分が持っている服のサイズ

普段着用している服のサイズが、新しく服を通販で買う時の参考になります。
服のサイズを計測して、それと同じサイズの服を選択すればサイズが合わなくて着用できないという事態は避けられます。
特に着心地がフィットして、気に入っている服があると思います。
ウエストや肩幅などのサイズを、計測してください。
良いと思ったファッションアイテムがあっても、サイズに心配があったら選択しないでください。

また、小さい服よりは大きい服の方が着られる可能性があります。
サイズに迷ったら、少し大きめのサイズを選択するのが良い方法です。
レビューを見て判断しても良いですね。
表記されているサイズよりも、小さめに作られているなどの感想が聞けます。



ページ
Topへ